クラブ概要
コーチ紹介
保護者の方へ
試合日程
クラブ概要 : ABOUT : Nagoya S.S.のクラブ概要ページ
コーチ紹介 : COACH : Nagoya S.S.のコーチの紹介
保護者の方へ : GUARDIANS : Nagoya S.S.から保護者の方へ
試合日程 : SCHEDULE : Nagoya S.S.の試合の予定
HOME GUARDIANS CHIDREN


子供なりに、自分で必要だと思うことを自分でやることが大事。


サッカーの試合に行くと、よく見かける光景があります。試合場でのチームの場所取り、飲み物も着替えも、何から何まで親が準備。子どもはただ単に用意されたものを飲み、言われるままに着替えるだけです。いつも必ずそろっているから、「ありがとう」さえ言わない選手もいます。  

お手伝いいただくのは大変ありがたいことです。でもその多くは子どもたち自身で十分にできること。あるいは、子どもたち自身が、した方が良い、する必要があると分かることです。むしろ、子どもなりに、必要なことは自分で必要だと思って、自分でやるということこそ大事。足りなかったり不便だったりしたら、自分で考えて、工夫したり相談したりで何とかする。そして次はそうならないようにすることが大切です。

私たちは、サッカーでは自立が大切であると考え、自立した選手を育成しようとしています。自立しているというのは、自分自身で判断して、責任をもって行動するということです。誰かにやれと言われたからではなく、自分自身がやりたい、やった方が良いと思うからやる。失敗も自分の判断によるもの。誰かのせいにはできません。

また、何から何まで大人が揃えてくれる環境に子どもたちが「あって当然」と思うことは間違いです。用意してもらえない環境では何もできない、適応できない子どもになってしまうでしょう。何から何まで常に用意されている環境を与えることがマイナスとなることもあるのです。

サッカーの合宿に集合した時に、スパイクシューズを忘れてきてしまった子がいました。その子に聞くと「いつも自分ではなく母親が用意しているので自分のせいではない」とのこと。親が電話をしてきて、届けに来ると言います。「運動靴でやらせますから結構です。」とお断りしました。3日間の合宿で、その子は滑りやすくやりにくそうに走っていましたが、運動靴で最後まで練習しました。その後、その子は決して忘れ物をしないようになりました。お母さんによると、それ以来必ず自分自身で用意をするようになったとのことでした。

子どものサポートであることを忘れずに。

 

一般的に少年団やクラブの活動には、みなさんの協力が不可欠です。練習の送り迎えや、特に遠征や試合等では、年齢が低いほど、引率やお世話の必要が生じます。みなさんの一生懸命な応援や献身的な協力のお気持ちは大変ありがたく、子どもたちの励みになります。

何から何まで、やれる限り何でも・・・ではなく、クラブの考え、指導方針と合うようにしましょう。クラブとよく相談して、求められていることを確認しましょう。いちばん重要なのは「子どもたちの成長にいちばん良いこと」をすることです。みなさんのやりがいや満足、あるいは大人同士のつながりを保つためのクラブではないのです。

本当はクラブに積極的に関わりたいと思っていても、いろいろな事情でできないため、子どもにクラブを辞めさせてしまうのは残念なことです。子どもが犠牲になるようなことがあっては本末転倒です。あくまで子どもの活動のサポートであることを忘れずに、大人同士で考え、話し合い、カバーし合っていくことが大切です。無関心は子どもにとって非常に寂しいことです。

忙しい、余裕がない、といった事情はあるかもしれませんが、気にかけ、関心をもち、機会をつかまえてそれを表現するには、いろいろな方法があると思います。



クラブの指導理念がしっかりとしている
クラブの指導方針が明確で、しっかりと取り組まれている
クラブ運営の基本がプレイヤーズファーストである
クラブ・保護者・選手との間でコミニュケーションがとれている
子供たちが楽しくプレーできる場がある
指導者間で、指導方針などの考え方が一致している

子供が好き
情熱がある(研究熱心・向上心)
明るくさわやか(言葉遣い・服装・礼儀正しい・あいさつ)
忍耐力(指導には時間がかかる)
子どものレベルに自分をコントロールできる
モラルがある
デモンストレーション(実際にやってみせること)ができる
オープンマインドである
クラブ概要 | コーチ紹介 | 保護者の方へ | 試合日程 | 対戦申込 | 選手募集 | コーチ募集 | リンク | お問い合せ | 個人情報の取扱 | 試合会場一覧